>

どうしようもないものは回収してもらおう!

不用品回収業者の種類

不用品回収業者も実は持っている許可証によって、サービスが変わります。
不用品の買取は古物商許可、一般家庭の有料不用品回収は一般廃棄物収集運搬許可を持ってないとできません。
なので、業者を選ぶ際、これらの許可番号が記載されているかどうかでちゃんとした業者かどうかの判断基準になります。

業者によって回収の仕方が変わるということはかかる費用も変わってきます。
通常、エアコンや冷蔵庫はリサイクル料がかかるので、有料になることが多いですが、鉄くず屋など、解体して部品を販売するような業者でしたら無料で回収してくれる所もあります。
探し方にはネットもいいですが、ポストに広告が入っていることもありますし、トラックなどでランダムで回っていることもあります。


使い分けの目安

リサイクルショップと不用品回収業者の使い分けのポイントをまとめました。
雑貨や服などの小物を何とかしたい、高級品がある、未使用やちょっとしか使ってないものがある、まだまだ綺麗なものはリサイクルショップに持ち込む方が、多少なりとも現金になる可能性がありお得です。

一方、傷や汚れ、取れない臭いがある、機能的に問題があり再利用ができない、不用品が大量にあり仕分けなどが面倒、大型の電化製品など個人での持ち出しが難しいといった時は不用品回収業者がお得です。
市町村でも大型のごみは出せますが、自身で家の外まで運ばないといけません。
そういったことを考えると、家の中から運び出してくれるという点はかなりメリットです。