>

不用品ができるまで

情報サイトを利用する

インターネットのサイトにある「ジモティー」という所では不用品の提供を呼び掛けたり、逆に提供してほしいものを呼び掛けることもできます。
こちらのサイトでは有料のものもありますが、無料で提供しているものもたくさんあります。
例えば、テレビやエアコン、冷蔵庫など、市町村のごみでは有料回収、不用品回収でも有料になることが多いものでも、0円で誰かに譲ることができます。
そして、大きなものほど運ぶ手間がありますが、「家まで引き取りにきてくれる」ことを条件とすることも可能ですし、多くの情報提供者はそういった条件を入れています。
お金を出して捨てるのであれば、支出0円で誰かに使ってもらえるのであればこちらの方がお得ですよね。

リサイクル業者を使う

不用品回収会社とリサイクル業者の違いは、リサイクル業者は回収したものをメンテナンスし、きれいにして再販売することを目的に買い取りする点です。
基本的には買い取る姿勢で品をみてくれますし、買い取りできないものでも無料で回収してくれることもあります。
なので、もう使わない!というものでも一度リサイクルショップで査定してもらうとよいでしょう。

不用品の中に大きくて自力での移動が難しいものや、量が多いというときは出張して査定してくれる業者もあります。
ただし、どういったものを買い取りしているか、というのは業者ごとに品を限定していることもありますし、電化製品の場合、製造年数が古いことを理由に引き取ってもらえないこともあります。
移動させる前に事前に電話で確認してみるといいでしょう。
また、買い取り価格ですが、自身でフリマなどで販売するよりも安価になることが多いです。